読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちゃログぴこっ

はなまるデジタル創作紀行(DTM、TAS、いろいろな技術)

メガドライブの音を有名FM音源(FM8)で出したい!結果は?

DAWを使ったいまどきのDTMでもメガドライブの曲を奏でたい! できれば機能性が抜群の大手のメーカーの有名FM音源を使って! という理由で Native Instrument FM8 (と DEXED)への音色移植を試みました。

結果、音源の系統が違うせいかメガドライブそのままの音は出ませんが、OPN2 の TFI ファイルを OPM 経由で SYX ファイルに変換することで、DX7 系の音源で互換機のように「雰囲気の似た音」は鳴らせました。

TFI ファイルを DX7 の SYX ファイルに変換する

メガドライブFM音源パラメーターは TFI ファイルに保存することができます。これについては関連記事で詳しく書きました。

今回のターゲット FM8 は YAMAHA DX7 という名機をモデルにしているそうです。Wikipedia - FM音源 によると、DX7OPS 系すなわち「メガドライブの OPN2 の直系ではない親戚であり後発」くらいの立ち位置の音源らしく、機能面では結構互換がありそうな印象を受けます。

FM8 のモデルである DX7 のバンクファイルが SYX ファイルです。

まずは OPM ファイルに変換する

変換にあたり、まずは TFI ファイルを vopmxtfi で OPM ファイルに変換します。

最終的に、TFI ファイル名の先頭10文字が SYX ファイルにボイス名として記録されるので、あらかじめわかりやすいファイル名をつけておきましょう。

vopmxtfi output.opm input1.tfi input2.tfi ...

OPM は OPN の後継にあたるようです。mxdrv @ ウィキ - FM音源パラメータ のページに短く書かれた OPN 用音色データを OPM で流用する方法からも、両者の差はどうやら少ないことが伺えます。なお、OPM ファイルの内容はテキストファイルなので、変換後の内容は非常に簡単に検証できます。

OPM ファイルを SYX ファイルに変換する

紹介するツールの起動には Python 2.x または 3.x が必要なので、事前にインストールします。

SYX ファイルへの変換には DXconvert を使用します。CUIGUI の両方が利用可能ですが、ここでは dxconvert-gui.py をダブルクリックして起動します。

f:id:GOCHA:20170107184500p:plain

Input file と Output file を選択して DXconvert! ボタンを押すと、SYX ファイルが出力されます。SYX ファイルは1バンクに32プリセットを持つらしく、128プリセットのOPMファイルを読み込むと4つのファイルに分割されて出力されます。

FM8 に DX7 の SYX ファイルをインポートして鳴らす

メニューから Import Sysex を選択して SYX ファイルをインポートすれば、なんとなく雰囲気が近い音が鳴ります!

f:id:GOCHA:20170107184935p:plain

パッチ名やタグを修正する Tips は後日加筆します。

関連記事

gocha.hatenablog.com

gocha.hatenablog.com