読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちゃログぴこっ

はなまるデジタル創作紀行(DTM、TAS、いろいろな技術)

Lua-GD でのアルファチャンネルの扱い

Lua-GD のアルファチャンネルの扱いでよく失敗するのでまとめました。勘違いしていると、じつは画像が透明だったり、不透明だったり、半透明があるのに思い通りにブレンドされなかったりします。

内容は Lua-GD 2.0.33r2 に準拠しています。他の環境下での挙動は保証しません。

画像の新規作成 (フルカラー)

  • フルカラー画像の作成には、gd.createTrueColor(x, y) を利用。
  • 画像作成後は、全面不透明黒で塗られた状態(透明ではない)
  • 画像作成後は、gdImage:alphaBlending(true) の状態。
  • 画像作成後は、gdImage:saveAlpha(false) の状態。
  • アルファチャンネルの範囲は 0〜127 であり、0〜255 ではないので注意。
  • 透明なキャンバスを作成するには透明ピクセルで塗りつぶす必要がある。下記にフルカラー透過画像を作成するコードを示す。
-- create a blank truecolor image
gd.createTrueColorBlank = function(x, y)
	local gdImage = gd.createTrueColor(x, y)
	if gdImage == nil then return nil end

	local colorTrans = gdImage:colorAllocateAlpha(255, 255, 255, 127)
	gdImage:alphaBlending(false)
	gdImage:filledRectangle(0, 0, gdImage:sizeX() - 1, gdImage:sizeY() - 1, colorTrans)
	gdImage:alphaBlending(true)
	gdImage:colorDeallocate(colorTrans)
	return gdImage
end

余談ですが、gd.create(gdImage) 的な関数はありそうでないです。

画像の読込 (PNG)

  • PNG画像の読込には、gd.createFromPng(filename) を利用。
    • ファイル内容を文字列をとして読み込んである場合は gd.createFromPngStr(string) を利用。
  • パレットかフルカラーかは入力ファイルに基づく(要注意!

画像の保存 (PNG)

  • PNG画像の保存には、gdImage:png(filename), gdImage:pngEx(filename, compression_level) を利用。
  • 出力ファイルがパレットかフルカラーかは入力画像に基づく。
  • アルファチャンネルの保存は gdImage:saveAlpha(true) を実行していないと行われない。

画像のコピー・貼り付け

  • 画像の一部を転写するには gd.copy(dstImage, srcImage, dstX, dstY, srcX, srcY, w, h) を利用。
  • フルカラー画像は dstImage:alphaBlending(boolean) の設定により挙動が異なる。true であればブレンディングを行うが、false であればアルファ値を含めてピクセルをそのままコピーする*1
  • フルカラーとパレットの混在時には注意を要する(後述)

パレットとフルカラー

フルカラーとパレットの混在時には注意を要する場合がある。

  • 画像がフルカラーかどうか調べるには、下記のようなメソッドを要する。
gd.isTrueColor = function(gdImage)
	if gdImage == nil then return nil end
	local gdStr = gdImage:gdStr()
	if gdStr == nil then return nil end
	return (gdStr:byte(2) == 254)
end
  • パレットの「透過色」とフルカラーの「アルファ」は異なる概念である。それ故か下記の問題がある。
    • gd.copy() で パレット→フルカラー のコピーを行うとき、gdImage:alphaBlending(boolean) に関わらず透過ピクセルが透過コピーされてしまう。ただし、gd.copyResampled() であれば gdImage:alphaBlending(boolean) を尊重したコピーが行われる。
  • 上記を考慮すると、画像をフルカラーに変換する下記のコードが書ける。
-- return a converted image
gd.convertToTrueColor = function(srcImage)
	if srcImage == nil then return nil end
	if gd.isTrueColor(srcImage) then return srcImage end

	local gdImage = gd.createTrueColor(srcImage:sizeX(), srcImage:sizeY())
	if gdImage == nil then return nil end

	gdImage:alphaBlending(false)
	local colorTrans = gdImage:colorAllocateAlpha(255, 255, 255, 127)
	gdImage:filledRectangle(0, 0, gdImage:sizeX() - 1, gdImage:sizeY() - 1, colorTrans)
	gdImage:copyResampled(srcImage, 0, 0, 0, 0, gdImage:sizeX(), gdImage:sizeY(), gdImage:sizeX(), gdImage:sizeY())
	gdImage:alphaBlending(true)

	return gdImage
end

おまけ:画像の左右反転

  • 拡大コピーで負数を指定
  • 反転画像の作成は、新しいGDライブラリにはあるが、上記 Lua-GD にはない。ただし下記で代用できる(巨大画像では低速)
-- flip an image about the vertical axis
gd.flipVertical = function(gdImage)
	if gdImage == nil then return nil end
	gdImage:alphaBlending(false)
	for x = 0, gdImage:sizeX() do
		for y = 0, math.floor(gdImage:sizeY()/2) - 1 do
			local c1, c2 = gdImage:getPixel(x, y), gdImage:getPixel(x, gdImage:sizeY()-1-y)
			gdImage:setPixel(x, y, c2)
			gdImage:setPixel(gdImage:sizeX()-1-x, y, c1)
		end
	end
	gdImage:alphaBlending(true) -- TODO: restore the previous value
	return gdImage
end
-- flip an image about the horizontal axis
gd.flipHorizontal = function(gdImage)
	if gdImage == nil then return nil end
	gdImage:alphaBlending(false)
	for y = 0, gdImage:sizeY() do
		for x = 0, math.floor(gdImage:sizeX()/2) - 1 do
			local c1, c2 = gdImage:getPixel(x, y), gdImage:getPixel(gdImage:sizeX()-1-x, y)
			gdImage:setPixel(x, y, c2)
			gdImage:setPixel(gdImage:sizeX()-1-x, y, c1)
		end
	end
	gdImage:alphaBlending(true) -- TODO: restore the previous value
	return gdImage
end
-- applies vertical and horizontal flip
gd.flipBoth = function(gdImage)
	-- use of gd.copyRotated() can provide the same result?
	gd.flipVertical(gdImage)
	gd.flipHorizontal(gdImage)
	return gdImage
end

おまけ:EmuLua

  • 今日以前の desmume は gui.gdscreenshot() で透明な画像を返す
    • gd.createFromPngStr(gd.createFromGdStr(gui.gdscreenshot()):pngStr()) と書けば1行でアルファを切り捨て可能

*1:srcImage が完全に透明な画像を考えるとわかりやすい。true の際は dstImage に変化はないが、false の際は dstImage のコピー部分が透明ピクセルに変化する。